ご挨拶

株式会社トラストゲート 代表取締役 坂元 伸一

急速に発展する様々な物事を通じ、この先にある世間をより良いものにするための努力を惜しまず、実現させていくことが私たちのチャレンジであると感じ、当社は2013年に創業しました。

その現実には何が必要か…
当社のミッションやビジョンには、探求、またそれらを当社らしく達成していきたいとの思いを込めています。
社名の「TRUST」には文字通り「信頼・期待・義務」の意味が込められており、それは一つも欠けてはなりません。

この起点となるのが、人と人とのコミュニケーション。ソーシャル化され情報へアクセスする見通しが良くなった反面、「もっと便利に」「もっと快適に」…と進化する世の中で現代であるからこそ、逆に忘れてはいけないものも多くあるように感じています。
当社でも例外になく、あらゆるの利便性の高いツールやサービス、ソリューションを介して事業を営んでいます。
しかしながら、源泉は「ヒト」です。

今後も、その源泉を忘れることなく、役員も交えた一同が、当社が掲げる「TripleWin」の達成に。また、会社という枠組みを超え1人の個人としても日々成長を相互に促進できるよう邁進致します。

株式会社トラストゲート

代表取締役 坂元 伸一

山下 智信

当社マーケティングのミッションとして一番重要なものが「売上貢献」となります。

1, より見込み度の高い顧客の獲得
2, 中長期的に見込み客になりえる顧客の獲得それらのために広告媒体選定から、Webサイトの構築見直し、記事ブログやメールコンテンツをどう充実させ精度を高めていくかというテーマを継続的に進めております。そのために必要不可欠なのがマーケティングからセールスまでのプロセスの見える化と各プロセスにおけるKPI、そしてそれを支えるデータベースシステムです。

私共では見込み客創出のために媒体や自社Web以外にもテレマーケティングのチームも在籍し、弊社自身のための見込み客創出はもとより、パートナ様の為にも運用を行なっております。そこで創られる見込み客の精度をいかに向上させるか日々PDCAを繰り返し、高速に回す取り組みを実施しております。またそれを支えるシステムであるCTI、各種CRMやDBシステムにも日々改善を加えながら運用しております。
きちんと「PDCA」を回しながらKPIも見直しつつ、「売上貢献」につなげる仕組みづくりと運用が、我々マーケティングチームの取り組む活動です。

経営戦略室 兼 株式会社TGS(マーケティング)執行役員

山下 智信

清田 貴寛

「営業はもっと楽しくなる」
〜お客様からの共感を得ること(契約の成立)、それができれば営業は楽しいはず〜
私共は、サービスを通して「楽しくなる営業の創造」に取り組んでいます。

具体的には、
・「サービスに依存しすぎないセールスナレッジ」
・「安定的に成果を残すための仕組み化」
を当グループへ推進し創造します。

「物事の成立」という目的へ向けて、私たちのアイディアや考え、チャレンジをご理解いただくためのコミュニケーションの充実し、日々成長させるが必要であって、私たちの仕組みづくりはそこから始まります。

経営戦略室 兼 株式会社TGS(セールス)執行役員

清田 貴寛